FC2ブログ
   
12
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペオキの悲劇

横アリ、希望通り獲れてました。

今回、相方がGW前半は都合がつかないとのことで、前半は自分だけの分の1枚申し込み。
初日の3日と、4日昼、いずれも第一志望で当選。

後半戦は相方が私の分も含めて応募してくれたので、
5日は昼・夜 両部
6日は昼のみで無事当選。

ちょっと贅沢かもしれませんが、5回も入れることになりました。

いまだにトニトニの余波wがあり(トニのDVD出してくれーw)、ジャニの舞台なんて期待もしてなかったのに、あんなにいいとは思ってなくて。
それでも自分名義と相方の協力もあり、計4回も入ることができ、その都度、感動の嵐でした。

だから、人生、何がいいか悪いかわからない。先入観で目を曇らせてはいけない、と実感しました(笑)。
そういうこともあり、コンサートについてもできるだけ「現場」を見ておきたいという気持ちがあります。

健人や風磨の新しいソロはあるかな?

Sポンはまぁナンですけども(←何だ?w)「おなじ空の下」というソロ曲自体は結構気に入ってましたし、少クラとかでただ曲を歌い踊られるよりも、去年の春コンでのJr.を従えてのマーチング演出など実に見応えがあり、高評価しておる次第です。

ちなみに、ヲ友達も言ってましたが、チキバでのSポンは確かに一際輝いている。ある意味、SZにいるよりも。
あの中では文句なしにNo.1ですよ。

でも。

ぶっちゃけ「甘いガールフレンド」なんて、Sポン自身のためには、Sポンの完全ソロだったらよかったのに・・・と思ってしまう。

1番は全部Sポンが歌うじゃないですか。それだけ聞くと結構な初々しさやいじらしさがあり、いい感じであることを認めなくてはなりません。曲の内容にもピッタリで、まさに「青春の息吹」が聞こえる。

ところが2番で健人や風磨が出てくると、途端に、歌唱力は元より、何より圧倒的な表現力の差を見せつけられてしまう・・・。こちらはオトナの魅力を醸し出しておるw

以前、別のブロガーさんがおっしゃっていたんですが、ふまけんと組むと彼が「今できること」より「できないこと」の方が妙に目立ってしまう・・・というのもまさにむべなるかな、と頷いてました。

これは今では事実上解散状態にあるNYCにも通じるものを感じる。
スペオキくんだけじゃ人気も実力も若干こころもとないから、当代の人気者と組ませてみたら、かえって「本来売り込みたかった人」が翳みがちになってしまった・・・みたいな本末転倒。

Nくんは嫌いではないけれど、そもそもソロでCDデビューするほどの人気も実績も足りない。実際、セールス状況は非常に厳しいものがある。
でも過去にBIと組ませてみたり、YCと組ませてみたり、いろいろ試行錯誤した結果、最終的には(派閥問題もあって!?w)一人にならざるを得なくなった。いや、一人になることに本人は満足しているかもしれないけど、ビジネスとしてはいただけないだろう。

Nくんのシングル初回特典に、今さら一昨年秋収録というそんなに前の関西Jr.(しかもWESTの面々が中心)とのコンサート映像付けるなんて、そのあざとさには驚く。
デビューするWESTの宣伝というより、抱き合わせじゃないとソロじゃ売れない感がヒシヒシと漂ってくる。
私は桐山ンとかも結構頭の回転の速さとか好きなんだけど(注:ことさら「担当」を名乗るほどじゃないですがw)、ソロじゃなくてもし関西の面々と組ませてたら、文句なしにNくんが絶対不動のセンターだったと思うんですよ。そこは桐中コンビやノンコタでもなくシゲでもない、間違いなくNくんがぶっちぎりNo.1。

そうやってグループの中に据え置いてみんなをまとめて売り込みながら、NくんはNくんで最近好調な俳優業とかも併せて進めていけば、それなりに売れていけそうなタイプなのに、Jr.時代から分不相応な変なゴリ押しをされて、中途半端にCDデビューを繰り返し、なのにカレンダーはJr.版に入っている(・・・ではなく、「入っていた」と過去形にすべきですが)とか、この中途半端なポジションに据え置き続けたマネジメントの迷走の結果、実に惜しい存在になってしまっている。
WESTのデビューが正式に決まるより以前から、Nくんのポジションをなんとかしたいと考えた時、もう一度仕切り直して、YCたちの掛け持ちなどもやめて、NくんはNくんで元々一緒に活動もしていた関西Jr.の面々と今度こそちゃんとしたデビューをして、そうすればまだ若いんだからジャニーズのカレンダーだってちゃんとつくってもらって・・・・と思ってましたが、それは叶わぬ夢となりましたね。

ちなみに、特に桐山ンは、仮にNくんと同じグループだったとしても、Nくんを適度に盛り立てつつ、自分は自分で独特の個性とアクの強さwで自らのポジションをしかと切り開き、打ち立てていけそうなタイプやさかいww心配無用です。

あれ?なんで関西ジャニーズについて熱く語ってるんだろうww

うん、つまり、元々人気があり、実力面でもしっかりしたものを持っているふまけんと組まされたことが、Sポンのラッキーなところであり、悲劇でもある。しかもただでさえ実力に差があるのに、ふまけんと一緒に歌うとSポンの声は(声質のせいか)かき消されてしまうから全然目立てないし。

SZはSポンをデビューさせるためにつくられたGだと思っているので、Sポンと組んだことでデビューするラッキーはつかめたものに、常にSポンが2人の真ん中に割り込みw、こんなこと言うと語弊はありますが、Sポンの後塵を拝さなくてはならない面があることがふまけんの悲劇でもある。

チキバは本当に良かったと思うよ。ドラマ限定じゃ勿体ない、ナンならSポンの「かけも」でもよかったんじゃないの?と思うくらい。

といっても、特にジングーなんかはいずれデビューした暁には、グループのトップを飾る人になると思ってるので(妙にひいきにしているが、かといってジングー担ではないw)、Sポンの影に置いておくには惜しいのだが、しかしながらSポンとの組み合わせ自体は相性は良さそうだ。←矛盾w

・・・と、諸々めっちゃ本音ブチまけてしまいましたとさ。ちゃんちゃん。←

ランキング参加中

ジャニーズブログランキング

Julianのtwitter

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

管理人プロフィール

Julian 

Author:Julian 
ジュリアン(樹里庵)と申します。たっちょん目当てでw見始めたドラマ「生まれる。」でまず俳優としての中島健人に惹かれました。その後、SEXY ZONEデビュー後、歌って踊る健人を初めて見てもっと好きになりました。ふまけんはジャニーズ史上最強シンメと信じて疑ってません!w 一応赤西仁担でもあります。東京都在住。出版社勤務。明治学院大学文学部英文学科卒。健人っとは自慢の後輩です!w

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

更新カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。