FC2ブログ
   
10
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち止まってはいられない。

このブログを立ち上げた時から設けていた「ふまけん」カテゴリーに、開設8ヵ月目にしてようやく着手できます。
ずっとふまけんネタにも触れたいと思いつつ、健人への想いが大きすぎてwなかなか他のことまで手が回りませんでした←

まぁそんな前置きはさておき、前回の記事でふまけんと岡本圭人くんでロックバンド組んじゃいなよ的なことを書いていたら、なんと、他のSZ担ブログさんで知りましたが、すでに今発売中のオタ誌で健人がもし風磨をプロデュースするなら(風魔本人がやりたがっている)ロックバンドをやらせてみたいと語っていたそうなんです!!
しかもSZではアイドルの菊池風磨であっても、バンドでは正反対の男っぽさを前面に出した菊池風磨にしたいと。

もう鳥肌立ったよ。健人が(もw)そんなことを考えていたなんて。
今発売中ということは、取材を受けたのは1~2ヵ月前ってことだよね。

なんか・・・私は雑誌は滅多に読まないので、まだ現物確認してませんが、ということは・・ですよ?w バンドをやることで風磨の精神的ガス抜きにつながるんじゃないか?と前回書きましたが、つまりは本人がやりたがっていることをやらせることで、風磨の心にいい風を通したいと健人も思っているということですよね?

2人は最大のライバルだけど、同時に最高のバディだね、やっぱり。

サマリーであんなに優しく穏やかで素敵な(作り笑顔ではない)笑顔を見せてくれた風磨ですから、「アイドル」というものを務めること自体にそんなに抵抗感はないと思う。少なくとも今のところは。←

けれど、ここ数ヵ月の間に、例えば少クラで有岡くんから「風磨、どう?Sexy Zone慣れた?」と訊かれてしまったりw、少クラで「大切な仲間とも出会いましたよ」と言ってみたり、あるいは雑誌等で「B.I.のことなかったことにしたくない」と語ってみたり。諸々の言動から彼なりの葛藤がビンビン伝わってくるものがありました。
風磨の立場になって考えてみれば、このままでもしかしてデビューが・・・と思っていた仲間といきなり引き離されて、ぶっちゃけ言うてみれば格下(と言うては失礼ながら、正直キャリアは明らか違いますからね)ともいうべき人たちと組まされて。そりゃー納得いかないのも当然。
しかもデビューできたはいいが、キラキラの衣装でなんだか子どもっぽい歌を歌わされたり。
小学校高学年や中学生であっても、それなりに「自分はもう大人だ!w」という自我が芽生えたりするもので、ましてや高校生にもなれば年齢は未成年であっても本人はもういっぱしの大人のつもりだけはあったりするじゃないですかw

そんな風魔を見ていて、痛いほど彼の葛藤が伝わってきていた。

一方、健人について言えば、多少なりともモヤモヤを抱えていたとしても、持ち前の上昇志向で、おそらく風魔よりはるかに割り切ってSZというグループに臨んでいるだろうなと思ったものでした。
(注)風磨に上昇志向がないという意味ではありません。むしろアリアリでしょw

それを確信したのは、写真集で1stコンに臨む健人の言葉。

正直、このメンバーで本当にできんのか?って心配もあった。
だけど立ち止まってはいられない。


どんなに納得いかない状況に追い込まれたとしても、「でも立ち止まってはいられない」・・・この想いが中島健人という人を衝き動かしているということが、はっきり「言葉」というもので表されていて、そのことがわかって嬉しかった。やっぱり中島健人は伊達や酔狂に「中島健人」をやってないとも思った。さすが中島健人!(絶賛応援中w)

私は元KAT-TUN担だから言うけど、KAT-TUNだって結成当初は雑誌とかでニコニコ仲良し風にしていてもw実際はそうでもなくて喧嘩も多かったそうだし、特に田中聖はそれこそ聖から見れば格下の後輩らwと突然一緒に組まされて、彼自身はそんなグループが大っ嫌いだったことを後に語ってました。楽屋の段ボールに貼ってあった「KAT-UN」の文字で、わざわざ自分の「」の字をカッターで切り抜いてたとかw強烈なエピソードもあり、ったくどんだけイヤだったんだよ!?(爆)

そんなKAT-TUNも初めて自分たちの単独ライブを行うことになり、その時にみんなで意見を出し合ったり、リハを重ねていく中で、初めてメンバーの連帯感みたいなものが生まれたと言ってましたね。それ以降はグループとしてそれなりにまとまっていくようになったと。

だからSZが結成されて、しかも間もなく1stコンが決まり、何かあってもこのコンサートでいろんなことを乗り越えてくれるだろうと思ったので、基本的にはあまり心配もしてなかったのですね。特に健人については。

その期待通り、健人は写真集で1stコン終了後「これが俺たちのスタート。SZとしてこの5人でやっていく。その一歩をようやく踏み出せたような気がする」と言ってましたね。

凄く長くなりましたが、それでも何か言い足りない気がするw

そう、立ち止まってなんかいられない。
サマリーの歌詞の通りですよ。

振り向かずに行こう 遙かなあの未来へ
大きな夢運ぶ 僕らは時の旅人

Go ahead 迷う暇はない
Don't be afraid
Dream on・・・!


あ、バンドはぜひ実現させてほしいな。

長い目で見て、風磨にはきちんと納得のいく音楽を歌わせていかないと、いつか彼の心が壊れてしまいそうな、正直そんな危険性を孕んでいる・・・。音楽は心を表現するものだから。

※拍手コメントへのお返事はコメント欄に記載させていただきました。








今、ふまけんに捧げたい曲。

1977年に全米で1000万枚以上売れたFleetwood Macのアルバム「Rumours」(邦題:「噂」)より
「Don't Stop」



朝起きて、とても笑う気分になれなくても
ちょっとくらい時間がかかっても
目をよく見開いて今日を見つめるんだ
そうすりゃ物事も違った風に見えてくる

立ち止まるな 明日を考えよう
立ち止まるな 明日はすぐにやってくる
明日は昨日よりマシに決まってる
昨日はもう終わった もう終わってるんだ

何でこれからを考えないんだ?
やってしまったことを考えても仕方ない
人生に不満があっても
明日がどうなるかだけ考えてりゃいい

望むのはキミの笑顔を見ることだけ
少しくらい時間がかかったっていい
そんなことキミは信じちゃいないかもだけど
キミに害を及ぼすはずないだろう

振り返るな・・・決して振り返るな・・・

はじめまして。
ふまけんが好きな高2です!

私も思っていました。
風磨くんはどう思ってるんだろうなぁ的な。
バンド実現したら個人的にも嬉しいです(*^^*)

Re: まりんさん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

最近の雑誌で生まれ変わって目の前の与えられた仕事を一生懸命やる!みたいなことを言っていたようですし、その後長丁場のサマリーを通して、また新たにモチベーションも上がっているかもしれませんが・・・w
だとしても、長い目で見れば「俺はこういう音楽をやりたい」という自分の気持ちは一人の人間として偽れないものですし、どういう形であれ、バンドなり風磨の好きな音楽をいずれやらせてあげてほしいですね。

風磨のやりたい方向性について、すぐそばに健人という理解者がいて本当によかったです。

拍手コメレス

9/11 まっきーさん:
健人の素晴らしいところは、基本アップダウンがなくて、いつでも全力投球なところですよね。こんな子は初めてです。
今年の夏は歌にダンス、ピアノと大忙しでしたが、そろそろドラマでも見たいですねぇ♪

Secre

ランキング参加中

ジャニーズブログランキング

Julianのtwitter

最新記事

最新コメント

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

管理人プロフィール

Julian 

Author:Julian 
ジュリアン(樹里庵)と申します。たっちょん目当てでw見始めたドラマ「生まれる。」でまず俳優としての中島健人に惹かれました。その後、SEXY ZONEデビュー後、歌って踊る健人を初めて見てもっと好きになりました。ふまけんはジャニーズ史上最強シンメと信じて疑ってません!w 一応赤西仁担でもあります。東京都在住。出版社勤務。明治学院大学文学部英文学科卒。健人っとは自慢の後輩です!w

FC2カウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

更新カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。